あなたには屋根塗装を開く権利がある
ホーム > 現金化 > 在籍確認が必要ないのは大きなメリットに

在籍確認が必要ないのは大きなメリットに

一般的に運営している金融業者の多くは、申し込みをした後に勤務先や自宅に在籍確認の連絡を入れることがあります。申込者が本当にその会社に在籍しているのか、その自宅で本当に暮らしているのか確認するものですが、多くの場合在籍確認は勤務先に電話がかかってきます。 

 

このとき業者は会社名を言わず、担当者の名前で電話をかけてくるので消費者金融や銀行のカードローンを申し込んだということがバレないわけですが、心配性の方はこれすら気になってしまうと言います。勘がいい人だと「もしかして?」と勘ぐってくるかもしれない、お金を借りることは悪いことではないにしても後ろめたさが残るから在籍確認は苦手、そんな風に思ってしまうわけですね。

 

会社によって、個人宛にかかってきた電話を厳しくチェックするところもあるようなので業者は個人名を名乗るようですが、「保険のセールスだった」「マイホームローンのセールスだった」などと言い訳するのが精一杯ではないでしょうか。

 

ところがクレジットカード現金化の場合は、在籍確認をすることはありません。なぜならば、すでに手元にあるクレジットカードのショッピング枠を利用するからです。ショッピング枠内で買い物をして、それを買取してもらって現金にするという流れなので、在籍確認は一切必要ありません。

在籍確認の電話でお金を借りることがバレる可能性をゼロにできるんですね。悪質な業者に騙されない限り、クレジットカード現金化はとても便利で、心配性の方でも安心できるという点が大きなメリットではないでしょうか。