あなたには屋根塗装を開く権利がある
ホーム > 脱毛 > 復帰した脱毛サロンでのできごと

復帰した脱毛サロンでのできごと

わたしは9ヶ月になる男の子がいます。
主人は3つ下の28歳。わたしは31歳になります。
共に働いていてわたしは脱毛サロンでエステシャンをしています。
勤めている脱毛サロンは地元なのですが、県内では大きいお店で県外から修行をしに就職するひとも多く、住み込みで働いていていました。
なので家族ぐるみとゆうか、アットホームなお店なので、待機児童の息子にとってはとても有り難く、子連れ出勤をしています。
勤続12年目で店長をしているのですが、忙しい時はオーナーのお母さんやお父さんが面倒を見てくれ、空いた時間になるとスタッフ皆で遊んでくれる、とても良い環境で働かせて貰っています。
ですが悩みは尽きず...。
産後1ヶ月で復帰をし、その間自分なりに慣れないながらも子育てに奮闘し、周りの意見も聞きながら、何とか仕事と育児の両立をしようと頑張っていました。
復帰初日、オーナーのお母さんに?あれはダメだ??なんでそんな事するの?の繰り返しで、しまいには?ダメなママだねぇ?と言われました。今年80歳になったオーナーのお母さん。
昔はこうだった、こうやって皆育てた、だから間違いないとのこと。
病院の看護師さんや先生にアドバイスを貰ってやっていた事も、それは間違っていると連呼され、最初は我慢していたものの、あまりのしつこさに最後は返事もしないまま、聞き流していました。
普段からそんな様な事が多々あり、聞き流すのが一番とは言われていたものの、初めてなりに頑張ってやっている中、本当はもう少し産休を取りたかったけど、お店の状況をみて早めに復帰してみたらこれ...。
最後には爆発しました。
主人にポロッと愚痴ったところ激怒。
一言行ってやる。
愚痴ったのはわたしなのですが、大丈夫だからとなだめ、それ以上の愚痴はそこでとりあえずストップ。
あぁ、これから毎日これが続くのかなぁ?と思ったら気がやすまることがなく、不安な日々の始まりでした。
こちらの脱毛サロンです。あ、ちがうこちらは口コミがよい違う脱毛サロンです。↓
銀座カラー大宮店はこちらから